#933 布団を干す日に限って雨だす

こんばんは
f:id:Ma316:20180917162902j:image
f:id:Ma316:20180917162915j:image
f:id:Ma316:20180917162922j:image
f:id:Ma316:20180917162931j:image
かなり近寄っても逃げない猫です

 

さて、今日は練習とバイトがありました

練習は昼過ぎ1時からだったのですが、起きたら午前が消滅しかけていて、遅刻ギリギリでした

僕「やべっ行かねば」

とりあえず天気が良さそうなので布団だけは干したかったのでベランダにかけて、駅までダッシュ

んで電車に飛び乗りました。セーフ

運良く席が空いたので座ったところ、僕の目の前にカップルが立っていまして

デート中なのかわかりませんが、男の方はカッコ付け甚だしい感じでした

女「この写真が〜〜〜〜」

男「このインスタの〜〜〜〜〜」

僕「…(本読んでる)」

僕「まぶしっ」

ふと顔を上げたら、男の方のスマホライトが点きっぱなしでした 

これはもう、大事な場面でスマホのバッテリーが切れることを期待するしかないですね

結局練習には10分ほど遅れて到着しました。まあ許容範囲内

この練習は10月の頭にある演奏会に向けてのものなのですが、ちょっと問題が。

僕「最近喉が悪くて咳をしまくってるせいでベロの下の筋が切れたっぽくて…」

友(生物系)「ベロの下の筋は脳神経と直結してるらしいよ」

僕「ほ、ほう」

友「つまり脳みそがイッちゃってるかもしれないよ」

僕「あぁ、なるほど…」

友「ま、まああなたの場合はもともとおかしいので」

僕「異常なしですね。」

友「そうね」

問題がないことがわかったので、歌を歌ったりすることには支障がないです。解決。

 

4時まで練習をして、部室でちょっと休憩してからバイトへ行きました

その前に一旦帰宅したのですが、駅から出ると雨がポツポツと

僕「なんで布団を干してる日に限って雨降るの!!」

急いで帰って布団を回収。んでバイト先へダッシュしました

先日記憶を飛ばした際にバイト先のライングループで無意識のうちに通話をしていたみたいで、行きにくいところではありますが行かないといけないのです…

僕「おはようございま」

先「おう!!(笑)(笑)」

先2「迷子になったって?」

先3「遭難したって聞いたけど?」

先4「お前を探しにデリバリの人たちみんな外行ったぞ」

僕「え、そんなに」

先4「まあ嘘だけど」

僕「嘘かい(笑)」

優しいバイト先でよかったです

ちなみに何か変なことを言っていたか聞いたのですが

先「なんか、うなされてるっぽい感じだった」

僕「え、」

先「う〜〜〜〜ん、う〜〜〜、て感じ?」

僕「なるほど…」

皆さんも酔っぱらっている時にはスマホから手を離しましょう。

 

11時までバイトして帰宅。今に至ります

 

明日は8時に起きないといけません!!

その詳細は後日書きますね

明日は短文更新です。楽しみ〜〜

 

それじゃ、また次の機会に