#110 耐久レース

こんばんは

 

今回の記事は前回の続きですね

打ち上げが終わって、吉祥寺駅まで電車で戻って、自転車を回収しようとしたところ。そこからスタートしますね

 

はい、吉祥寺駅到着

会場までは歩いて5分もしないのでね、向かいますよ

で、会場に着いて。自転車が…ない?!どこへ行ったんだ!?

会場の施設自体が既に閉まっていて、仰々しくも鎖が巡らされていました

そんな鎖の城の外周を歩いて回ると、城の中に見つけましたね、我が愛車。よく見ると、ハンドル部分に何か紙が張り付いているではないか

f:id:Ma316:20161217022952j:plain

多分、「放置自転車」とか何とかいう紙だろうな…。とかく、この鎖の中に入って囚われの愛車を救い出さねば!!

そう思ったのですが、鎖にはこんな8文字を発見しました

f:id:Ma316:20161015221814j:plain

立入禁止 警報作動

ショックですよねぇ… 

こうして、どうにかして救い出そうとしている間に、吉祥寺駅からの終電は出発しました

はい、徹夜確定!!

家までの距離は7km弱、革靴で歩くにはちときついなぁ

というわけで、

「緊急企画 夜中の耐久徹夜レース」

が急遽スタートしたわけです。開始は夜中の1時です

 

とりあえず、近辺を散策してどんな施設があるのかを見ていきます

JRの線路を挟んで南側に会場(以下拠点)があるのですが、この南側にはファミマが3件、安売りの殿堂が1件、マックもあった

バッテリーが危なかったので電池式の充電器を購入(980円)

ちなみに土曜夜〜日曜朝まではATMが使えないんですね。充電器を買った時点で、残金は1000円です。ピ〜〜ンチ

JRの高架をくぐって北側に行くと、ファミマが2件と商店街。とりあえず、ファミマが多すぎる

「ファミマで待ち合わせね!!」という会話ができない

商店街の中を歩く。店は全部閉まっています。当たり前ね

途中で普段着に着替えました。舞台用のそれより動きやすい。着替えた時点で2時15分

はい、拠点に戻りました。2時半。完全に暇です。真夜中なので楽器の演奏も躊躇

幸いなのは、渋谷駅付近や新宿駅付近と違って、騒ぐタイプの酔っ払いが少ない

完全に0でないのは怖かったけれども、圧倒的に少ない

これが精神的に非常に楽でしたね

 

 さて、やることと言えば…

そう思って鞄の中を探ると、いいものがあった。プリント。とりあえず、これをやることにします

ちなみに、深夜の暗がりの中で勉強をする行為のことを、僕は

苦学生ごっこ」

と呼ぶことにしています。よろしく

昨日(今日)は夏至からそんなに離れていないもの幸いでしたね。明るくなるのも早くて、苦学生ごっこを始めて1時間ほどで、空が青みを帯びてきた

ふとスマホを見ると、時刻は午前3時34分でした

f:id:Ma316:20161015221935j:plain

時刻も4時になると完全に夜が明けました

先述した安売りの殿堂は閉店しました。避難場所が1つ減った…

小腹も空いたのでファミマでパンを買って拠点に戻ると、拠点はカラスに占領されかけていました。また避難場所が減った…

ふらふらしながら吉祥寺駅に行くと、電車が既に走り始めていました

そんな5時過ぎ、もしかしたら2次会帰りの方々に会えるかもと思って駅で40分ほど過ごしましたが、そんなことはなかったですね。聞けば、大学の部室で仮眠をとるそうです

 

駅構内も騒がしくなり始め、嘔吐者や喧嘩騒ぎが渋谷、新宿あたりから吉祥寺駅へと移ってくる頃に、再び拠点に戻りました。カラスは既にいなかった

残り数分で6時になる頃、ついにその時が!!

警備員の方が現れた!!なんて救世主!!

事情を説明して自転車を回収。その後、喜びと眠気を体に乗せて、自転車に乗って、22時間ぶりに帰宅。完徹しました。まさかこんなことでするとは思わなかった

何より、長い1日がやっと終わった、という安心ですよね

と思ったら時刻はまだ午前6時半、1日は始まったばかりなんですよね

 で、前回の記事を更新して、仮眠をとりまして。ふと目が覚めたら3時間しか経っていなかったんですね。睡眠時間の割に活動時間が長いのはいいことなのだろうか

 

ほぼ昼前に起きたので、それ以降は普段の休日と同じ感じです

家でちょっとくつろいで、実家からの荷物を受け取って、自転車で買い物に出かけて、帰宅。飯を食べて今に至ります

 

昼食はゆで卵2個

夕食はキャベツとソーセージのケチャップ炒めでした

f:id:Ma316:20161217023359j:plain

 

こんな緊急企画をこなしたとはいえ、明日もまた大学はありますからね

鬼畜だなぁ…休ませて欲しいなぁ

休日ができたら、それはそれで自転車旅に費やすんですけれどもね

 

それじゃ、また次の機会に