読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#124 そうだ 日吉、行こう

こんばんは

遅くなりました。日付が変わっているけれども許して頂戴

 

さて、今日(昨日)はというと。日吉にある諭吉大学まで遊びに行っていました。それについて書きたいと思います

 

先日の火曜日、僕の在籍している赤門大学のサークルの練習に、諭吉大学の方々が参加しに来てくださいました

今度は赤門大学の方からあっちに行きましょう!!

という話がサークルのLineで上がったんですね 。で、こういう話は乗っておきたいじゃないですか。他の大学ではどのように練習しているのか気になるじゃないですか

というわけで参加することにしました

場所は上述したように日吉です。調べたところ、家から15kmほどらしいです

これは自転車で行けますね。行きましょう!!

と、勇んで。もしもの時(=迷子)に備えて少し早めに出かけました。ついでにマップルも持って行きました。

地図を見る限りでは、自宅から自由が丘まで行ければあとは初見だけれどもほぼ道沿いでなんとかなる、と

自由が丘は一応都内なのでね、なんとかなるでしょう!!

…はい、迷子です。自由が丘まで迷わずに辿り着けませんでした。考えてみると、自宅から自由が丘まで、迷子にならずに行けたことがない…

なんとか頑張って迷子解除。あとは流れで日吉到着

時間を見たら、結局予定より30分ほど早く着きましたね

 

その後、相手校の方に出会い、諸々の話をつけてこっちの先輩をちょっと待ち、諭吉大学へいざ潜入!!

お邪魔しま〜〜す

音楽練習室、という部屋に紹介されました。この部屋の説明としては「冷房が壊れている」だそうです。見れば、そこには確かに4℃の表示が…

時間が経ったら24℃になっていたから、あの場は確かに4℃だったわけで。寒い!!

とりあえず噂には聞いていたけれども、ここの大学は

本当に「学生」ではなく「塾生」の語を使うんだ

と思ったのも1つです

さて、その後。色々な方を紹介され、3時間ほど音楽の演奏を自由にしていました。そのうち半分ほどは観客になっていましたね。練習不足を実感した

夜9時に練習室から退出。その後、やはり諭吉大学の方々と夕食を食べに行きました

誰かと飯なんて、一人暮らしの今やほとんどしないですからね。いや〜〜、久しぶりだった。泣けてきた。財布は泣いていた。高かった…

その後、帰路に着いたわけですが。帰宅時にちょっとしたプライドが生まれましたね

「俺は、本当に、自由が丘から自宅まで迷わずに帰れないんだろうか…」

気になりましたね

というわけでこれを検証しようと思いました。神奈川県から東京都に入ります(ここら辺で先ほどのお詫び記事を書いた)

…今度は自由が丘まで辿り着くことができませんでした。どうやら、俺は「自由が丘に行けない」病らしいです。宜しくお願いします

なんだかんだあって自由が丘までたどり着き、さあここから帰ろうと思いまして、ついでに明日の朝食を買おうとスーパーに寄りました

が、いつも買っているものは売り切れ。別の店を探すことに。この時点で、さっきの検証は何処へやら

24時間営業のスーパーに大きく寄り道して、いつものとは少し違うながらもシリアルを買ってやっと帰宅。今に至ります

 

いや〜〜、疲れた。そんであっちの方々の演奏がうまかった

僕と相手で演奏できる曲が違うというのはわかっていましたが、それでも演奏できる曲数が違う…

早いところ追いつかねば。頑張ります

 

それじゃ、また次の機会に