#149 帰省チャリ旅~後編~

こんばんは

 

…おはようございますの時間が近いですけれどもね。おはようございます

さて、今回の記事

既に一昨日の話になってはしまいますが、帰省旅行の後半についてを書きます

 

初日の移動を終えたのが午前2時ごろ。場所は焼津駅前の健康ランドです

f:id:Ma316:20160806050530j:image

んで、初日の移動は大体こんな感じです

右のシャーペン先から左のシャーペン先まで。これが204kmです、参考画像。 

この日は前号148を書いた後に夜食としてカップラーメンを食べてすぐに眠りました。そうでもしないと、徹夜明けで睡眠時間6時間ほどの身には厳しいものがある…

というわけで睡眠。起床。おはようございます。午前7時半です

睡眠時間は4時間。意外と短い

ここで二度寝をすると確実に7時間以上は浪費するので、意地で目を覚まします。初期値で疲労が50ほどありますが頑張りましょう

2日目の帰省チャリ旅、スタートです

 

駅前の道を南下して、大井川へ。するとここにはこんな看板が

f:id:Ma316:20160806050558j:image

太平洋湾「自転車道

自転車道」だって!!いいもんあるじゃん!!

こういうのはね、もっと普及するべきですよ。特に静岡県内全域で

静岡県の走りにくさったらありゃしない

というわけでこれを走ろうと思ったのですが、進んで10分もしないうちに迷子になりました。表示がわかりにくい。看板がないもんだから、どこで曲がるのかが一々難しい…

でも、なんだかんだ進みます 

f:id:Ma316:20160806050622j:image途中

大井川の上で吉田町に入り、「自転車道」を暫く進んで牧之原市

上の写真は、牧之原市にて撮影。近くには海水浴場もあり

さて、今の道を行くと2つの方法があるようでして

・「自転車道」を外れて国道に行く:愛知までは早く到着できる

・「自転車道」を進み続ける:ちょっとした観光ができるらしい

後者を選びました。なんてったって「自転車道」ですし!!

また分かりにくい道を進んでいって、トンネルをくぐり、御前崎市

ヤシの並木が見えて、軽い南国気分ですね

このあたりで既に腕と額の日焼けがひどいことになっていまして、焦げた感さえあります 

自転車道を走り続けると太平洋に出ました。広〜〜いぞぉ〜〜う

そんな市内での1枚

f:id:Ma316:20160806050657j:image

最南端。「旅」感がありますね

モニュメントの奥にはロードバイクが見えますが、この持ち主の方は僕がこの写真を撮っている時にスペースを作ってくださいました。ありがとうございます 

更に進み、坂を登っては下り、近くのホームセンターのフードコートにて昼食休憩

外の日差しが強すぎてあまりに暑かったので、濡れタオルを装備することにしました

f:id:Ma316:20170204143223j:plain

再開。この時には濡れタオルも乾き始めています。早い

さて、この「自転車道」を進むと、再び海沿いの道へ誘導されました

進んでみましょう、いざ

そんなわけで松の並木路を抜けて、広がったのが

f:id:Ma316:20160806050721j:image

砂丘

ばかじゃないの?マジで

こんな砂路を「自転車道」と呼ぶのはオカシイ。狂っている

国道を行こうと思えばバイパスで進入禁止にされ、迂回はきっつい山の中だし、今回の一件にしても、静岡県は自転車乗りを舐めている気がする

この更新で全ての「自転車道」にカギカッコをつけたのはそんな理由

僕ぁこれらの道を「自転車道」とは呼べない。

そんな愚痴をコボしながら歩き続けます

日焼けはかなり痛みます。日差しがかなり強い。日光が当たるだけで腕と額が痛い

本当であれば「自転車道」で進み切りたかったのですが、こんな道を進み続けても体に悪いだけ。途中で断念して少し内側の国道150号(自転車可)に行きました

ここら辺で掛川市へ入ります

その後見つけたコンビニで30分ほどの長期休憩

いや、これは耐えられませんわ。暑すぎる

ただ、休み続けても先には進まないので、再び走り始めました

袋井市磐田市と進んで、天竜川を越えたらやっと浜松市!!

ここまで遠かった 

 

浜松市といえば名物がありますよね?

うなぎももちろんいいのですが、やっぱり餃子が美味しい。中身の肉団子と言い、皮と言い、最高!!

ですが、食べたかったのはうどんなのでうどん屋に行くことにしました。美味しかったです。ここでも長休憩

皮膚を休ませながら行かないと、体が持たないんだもの

浜名湖の脇を越えたのが午後6時

湖西市に入りました。静岡県もいよいよラスト。この街から愛知県に入る時、特に国道1号線の近くを通ろうとすると「潮見坂」という坂を経由せねばならないんです

これ、行きに結構楽な思いをしまして。ということは帰りは地獄…

ここまで来て更に体力を消費させるのかよ…

最後の最後までやってくれます 

f:id:Ma316:20160806050801j:image

んで、午後7時直前。いよいよ愛知県に到着!!我が故郷!!

距離にして自宅から327kmほどですね、はい

といっても僕の故郷は愛知県でも西の端なので、更に100kmほど漕ぎますよ

 

もう日も暮れたので痛みは多少ながら弱まりました。でも痛いもんは痛い

ここら辺で名古屋までの距離が83kmだと言う青看板を見かけたのですが、今の僕にとっちゃぁそんなのは屁でもないです

愛知に入ってからはアドレナリンが出まくりまして。これでもかというほどに放出されました。ライダーズ・ハイな状態です

平地で30km/h?ちょろいっす、余裕っす。そんな気力さえ不思議とでてきました

豊橋市を超えて豊川市。案外広い

しかもちょっとした上り坂もある。意地で乗り切った

途中で高速道路の渋滞情報を見かけました

f:id:Ma316:20170204144401j:plain

へ〜〜、6kmの道のりに1時間もかけるんだ

車の渋滞って大変ですねぇ〜〜。自転車ならば30分もかからないですよ〜〜

なんて考えながら通り過ぎます 

ローカルな話をすると、新鵜沼行きの名鉄を見かけてそれで愛知県に戻ってきたのを非常に強く感じました

新鵜沼岐阜県です 

岡崎市安城市知立市刈谷市

ここら辺は平坦か下り坂だったのでスイスイ行きました

終わりにどんどん近づいていますね 

個人的には「知立尾張安城三河」という境だと思っていたのですが、これまでの自転車旅の経験で「境川」というものを幾度が通っていましてもしかしたらそれが尾張三河の境なのかな?と今書いている時点で思い始めました

どうなんでしょうね?教えて下さい

豊明市を超えて、いよいよ名古屋市

いよっ!!久しぶり!!

アドレナリンはここら辺で切れ始めました。疲労が一気に来た

30km?ムリ

とはいえ進み続けまして。夜中の0時40分ごろに名古屋駅に到着

f:id:Ma316:20160806050835j:image金時計

ただしコンコースは施錠済みだったので外から

自宅からの距離は410kmほどです。名古屋駅から実家までであればほぼ迷子にならずにたどり着けます、あとは体力の問題

本当に、もう、息もキレギレ、日焼けも痛いまま

清須市を抜け、本当の本当に地元・稲沢市

 ここで、1つの事件が起こりました

f:id:Ma316:20160806050856j:image 

ノコギリクワガタだ!!

見つけた時は全ての疲れを忘れて、10分ほどその場にいましたね

モロ路上です。車も時々通ります

でも、滅多に見ないんだもの。野生のクワガタ

そんなこともありましたが。

午前2時半

自宅からの距離:430km

所要時間:42時間(休憩含む)

実家、到着です!!

f:id:Ma316:20160806050918j:image

(プライバシーの都合上、実家の写真はないっす。面目ない)

いや〜〜、きつかった。本気で泣くかと思った

とりあえず静岡県は自転車に向かない。また通るんだけれどもさ 

シャワーを浴びてから、母親に日焼け(≒ヤケド)の処置をしてもらいまして。さすがに更新するだけの体力がなくてそのまま就寝させていただきました

 

いや〜〜、帰省旅。疲れました。ただ、達成感は何とも言えませんよ

機会があったら是非とも自転車旅をしてみてください。日焼けに注意で

今から、次の号の文章も入力はしますが、もしかしたら途中で寝落ちするかも

してたら許してください

 

それじゃ、また次の機会に