読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#182 バイト

こんにちは

 

今日は早めの更新ですねぇ、ビックリ

偶にはそんなこともしてやろうじゃないかと思いまして、やってみました。特段、深い意図はございませんのよ、オッホホホ

 

さて、昨日書いたバイトの件なのですが、今日先ほど相手方から電話が入りました。この時の僕は全裸です

全裸は通常運転の証です

相手「もしもし(僕)さんでしょうか」

僕「ええそうです」

相「お世話になっております私(企業名)の(相手方の名前)です」

僕「ああ、はい。昨日はありがとうございました」

相「今回の件ですが、採用ということで宜しくお願いします」

僕「わかりました、ありがとうございます」

相「シフトなのですが、◯◯日だけは未定ということですね」

僕「はい」

相「それ以外の日は全部入れるということでよろしいですか?」

僕「そうですね、問題なくいけます」

相「でしたら17時〜19時までの2時間ということでお願いできますか?」

僕「はい、わかりました」

相「明日の14時から研修がありますけれども、少し早めに来てください」

僕「わかりました。それでは明日は宜しくお願いします」

 

…というわけで。

無事に採用されましたよ〜〜ん!!やったぁ!!

これで、夏休みが終わるまでの間はバイトに行くことができます。いや〜〜、よかったよかった

 

〜〜15分後〜〜

 

相「もしもし(僕)さんでしょうか」

僕「ええそうです」

相「先ほど電話しました、(企業名)の(相手方の名前)です」

僕「ああ、はい」

相「シフトの件なのですが、平日は4時間で出来ますか?」

僕「ええと…、どのような4時間ですか?」

相「終わりは変わらずに始めを2時間早める感じです」

僕「問題ないです、わかりました」

相「宜しくお願いします」

僕「アイアイ」

 

一瞬、2回目の電話が掛かってきた時には

相「ゴッメェン、さっきの間違いだったわ。不採用っす。じゃあね〜〜」

と言われるかと思って不安になりましたが労働時間が増えただけでした。よかった

そんなわけで改めて。

無事にバイトが決まりました!!

短期ですけれどもね。2週間ほど働かせていただきます

実は、昨日の面接終了後にその場所を下見に行ってきたんです。前号で数枚の写真を載せたのですが、この中に実は写っています。さて、どこでしょう?

問題形式にしてみます

 

それじゃ、また次の機会に