#202 英語 alone

こんばんは

 

今日は1日なかなか疲れました。学期最初の週だからかもしれません

今朝は7時ごろに起きました、というのも今日は1時限目から授業を取ろうと思っていたんです。ちなみにラテン語、友人に誘われました

そんなわけで朝8時過ぎに大学に到着します。お早いもんです。1限目は8時半から始まります。まあ友人を待ちましょう

〜30分後〜

友人、現れず。ここで撤退しました。さすがにね、初めての講義でぼっちはね、寂しいもんがありますよ

ってなことで、今日も今日で時間を持て余しました。3日連続。無計画にもほどがある

今日は生協食堂で宿題をしつつ時間を潰します。ちょうど次の授業での宿題なんですよね。家でやっておきなさいよ

で、その宿題も終えて、くだんの2限目は英語です

この英語の授業は普段のクラスと試験の成績(3種類)で30人弱のクラスに分けられるんです。僕は試験の成績では一番下の層ですよ、言うまでもない

で、授業のクラスを確認したわけですが

f:id:Ma316:20160928225839j:image

※ほぼ忠実に再現

ボッチ。ナンテコッタ

しかもだ。学籍番号から見るに、僕の英語クラスは僕以外文系です

別に文系理系で差別する意図はありません。その思想が嫌いな人なので、それを先に断っておきますね

何を言いたいかというと、一人だけ理系なので、共通の授業がほぼないわけです。だから、「あの先生の授業さ〜〜」なんていう会話のきっかけもないわけです

完全にぼっち。コリャ参った。運良くサークルの友人がいれば…、そんな願いも簡単に去りました

はい、ボッチッチ〜〜。周りはみんな普段が同じクラスの奴らが集まっているのでグループができています

そんなこんなで授業が始まりました

先生「じゃあ、4人1組グループを組んでください」

死んでしまえばいい。ドイヒー

それでもなんとかグループを組むことに成功しました。正確に言えば「入り込むことに」成功しました

このグループで組んでいる時間中、僕の目の前に座っていた方は、教科書の余白にブタの絵を描き続けていました。まるで、「目の前の奴を模写するか」のごとくずっと。ブヒヒ

途中で、リスニングの練習も兼ねて映像資料も見たわけです。教科書の内容に関連して、今回のVTRの内容は化石についてでした

VTR「opabinia(古生物) is …」

俺「オッパブ?」

エロ人間万歳

そして授業は終了。地獄から解放されました

目の前のブタは12頭にまで増えていました。僕の背後霊まで描いてくださったみたいです。皆さん大喜びしているせいか、肩が重いんですよね…

 

昼食は適当にパンを買って食べて。午後からの授業に臨みます

3限目は構造化学。化学の名の下に物理をやります。訳分からん

授業の感想は「同クラがいて安心する」です。それ以外にない。毎週やっていけば英語のボッチに慣れるんだろうか、不安

授業自体は分かりやすくて助かりました

4限目はスペイン語。やったね。クラス授業なので点呼を取ります

早速僕の苗字を間違えました。漢字の読みどころか漢字自体を間違えています

先生「えっと、アンドウくん?」

違います。

その後も間違えながら点呼を進め、35人全員のを終えた時には20分が経過していました

小テストもやりの復習をやりので時間が全て消えました、授業終了

今日は5限目にも出る予定でいました。最初から最後までフル出場ですね。教室を覗きます

…狭い教室に大勢の人。ボッチですか。さすがに1日3回もボッチの受講は精神にきます

ボッチ受講は、用量を守って正しくお使いください。週1で結構です。というわけで退散

その後は部室へ行って演奏練習して、録音までして、自分の歌声に凹んで

帰宅して今に至ります

 

明日は英語で文章を書く「ALESS」という授業が始まります

これが悪名高いことで有名なので、英語弱者でも死なないように頑張ります。まあ無意味な突っ張りですけれどもね

 

それじゃ、また次の機会に