#242 バイトの面接

こんばんは

 

昨日は写真だけで終えてしまって失礼しました

あれだけ「やることリスト」を挙げたのに、履歴書はなかったし実験の予習をやる前に寝落ちしてしまったしで、PA調書を書き上げただけでした。それでも大きな進歩です

 

さてそんな今日は月曜日。朝8時には起きました

僕「予習やらなきゃ」

やっていないことを無事に思い出せただけでも幸いです。すぐさまやって、二度寝をして起きたら12時。大学へと向かいます

途中のドンキでちょっと買い物。履歴書を買う

…ない。意外でした

ついでに昼食も買いました

僕「チョコチップスティック、安っ!!」

菓子パン界で最強のコスパを誇るチョコチップスティック、6本入りで100円が(コンビニでの)相場なのですが、ドンキではまさかの70円。お買い得です

移動しながら昼飯を食す。パンを食べながら自転車を運転するってのは意外とできるもんですね

(※道交法は守りましょう)

大学に到着。今日は実験をやるだけ。果たして本当に「だけ」なんでしょうかね?フッッフッフ…

実は今日は防災訓練があるということで。時間帯はなんと実験の講義中。やっぱり実験「だけ」じゃあなかったみたい

かと思ったら一部の建物以外にいる人たちは身を守る(ふりをする)だけで終わりらしいので、やっぱり実験「だけ」だったみたい

(個人的な意見を言うと、防災訓練は抜き打ちでやらないと意味がないと思う。実際の災害は事前に連絡が入るもんじゃないし…)

そんな今日の実験は無事に終わりまして。僕のいるグループというのは実験終了後の帰宅に対する情熱が半端ないんです。前々回のヤング率の測定(5時間半)以来、実験作業や片付けの手際の良さは全グループで随一、目を見張るものがあります

教官「そこのグループ、机の上を整頓していって」

丁寧さを犠牲にして手際の良さを追い求めることでも有名です。まさかマークされているとは…

僕・友「ごめん」

僕・友「…ハモってる(笑)」

教官「片付けが終わったらさっさと出て行って」

僕・友「すみません」

良きパートナーです

 

実験が終わって。一旦帰宅。いざ履歴書!!

履歴書「顔写真を貼ってね」

僕「…これでいっか」

f:id:Ma316:20161003215614j:plain

履歴書「配偶者の有無」

僕「未来永劫出来ねぇよ、バァカ!!」

涙目になりながら無に◯をつけました。悲しいですね

履歴書「扶養家族の有無」

僕「未来(略)」

傷をエグってくるタイプの攻撃を仕掛けてきました、なかなかの強敵です

関係ないですが、僕の高校2年の時のあだ名は「堕天使エグレル」でした。宜しくお願いします

履歴書「趣味は?」

僕「口内炎の荒れているところにミントのタブレットを押し当てて悶絶することです」

ドMでしたね

こんな感じで書いてみると、履歴書ってのは案外「バトン」みたいなものですね。今後書くことに困ったらバトンでもやってみますか

そんな履歴書を持って、いざバイトの面接へ!!

僕「すみません、バイトの応募をしたものなのですが」

店員「ああ、君?…え、君?」

確認されました。こっちが確認したい気分です

僕「はい、僕です。…え?僕です」

店員「君って、19時半からじゃないっけ?」

僕「あ、そうでしたっけ?!」

現在19時。時間を間違えました

店員「悪いけれども、そこのフードコートで待っていてくれる?時間になったら呼ぶから」

僕「お手数おかけします」

そんなわけで30分後

僕「ミントがスースーするぅ!!スースーするのぉ!!」

店員「すみません、お待たせしました」

僕「あ、はい。すぐ行きます」

見られていたみたいです。いやん恥ずかしい!!

 

面接は30分ほどかかりました。ハイライトをどうぞ

店員「ご兄弟はどんな感じですか?」

僕「ご兄d…兄弟は姉貴と弟が一人ずつです」

まさか鸚鵡返しをするとは思っていませんでしたよね、反省

ちなみにいうと、僕の中高同期で僕の兄弟構成を知っている人は5人もいないです。話題にしたことがない

面接が終わった後は各種買い物をしてから帰宅して今に至ります

 

明日はどうやら木曜日の時間割だそうで。英語で書き書き論文講座があるんだって。マジかよ…

じゃあ今週の木曜日は?ってぇと、通常通りで木曜日の時間割だそで。週2回目かよぉ…

きついです。頑張ります

 

それじゃ、また次の機会に