#256 ピーヒャラジャカジャカ軍団

こんばんは

 

ここ最近の、このサイトの閲覧者の動向を見ていただきたく思うのですが

f:id:Ma316:20161121233108j:image

…どうでしょう?実はカウンター(PCから見るとわかるかも)の数値とズレがあったりして困ってはいるのですが、今回はそこではなくて

11月初めの方で16PVあったみたいです。やったぁ

というのも、この辺りで僕の先輩にこのサイトのことを伝えてみまして。ぜひ読んでみてくださいな、とかそんな感じだったと思ふ

そしましたらこれだけ伸びました。ありがたいもんですね

何が言いたいかというと。読んでくださっている皆様も、ぜひとも周囲のご友人たちにここのことを広めていただきたいな、とまあそういうお願い事ですね

よろしくお願いします。僕が喜びます

ついでにですが、コメント欄は(スパム系でなければ)返信します。コメントしてね!!

 

さて、そんな今日は月曜日。起きたら10時40分ということで

昨日、あの後結局実験の予習はというとほとんど手がつけられず…

僕(昨晩ver)「まあ明日の朝早く起きてやればいいやぁ!!」

なんてことを言っていたものの、残念ながらギリギリの時間に起きてしまいました。これじゃあ満足に予習ができません

僕「…諦めた!!人生諦めが肝心!!」

言葉ってのは使い時があると思うのですが、これは正解の方だと思います。たださすがにこのままだと単位と鍼灸を諦めることになってしまうのでよくありません

ただ、少しでも良い状態で大学へ行こうと思いまして、勉強用具を開いて残すは勉強するだけの状態にしてから朝食を食べました

ついでに目覚めのシャワーを浴びると時刻は11時過ぎ。今日は予定があるのでそろそろ行かねば遅刻です

僕「予習の準備した意味(笑)」

広げた用具は、何も手をつけずにカバンの中にしまいこまれてしまいました

ついでにZampoñaとPonchoを入れて、大学へ出発です。今日はこれのために普段の月曜日より早く大学へ行かねばならんのです

僕「…でもよく考えるとここ2週間は英(略)座のために早かったし、その前の2週間は実家からの帰省で新幹線通学だったし、変わんないわ」

そういう意味ではここ1ヶ月で一番ゆっくりできたかもしれません。何てったってシャワー浴びてるし

 

今日はというと、今週末に控えた大学祭に向けて僕のサークルが宣伝演奏をするようなのです。屋外で

…屋外で。エェ〜〜、緊張するじゃんよ

先輩「でもどうせ来年以降やることになるんだから今のうちに慣れとけよ」

僕「ワカリマシタ(分かりたくない)」

まあ確かにね、慣れておくのは必要だと思うのでやるわけですけれども

というわけで大学構内で我々ピーヒャラジャカジャカ軍団が演奏することになりました
f:id:Ma316:20161122003738j:image

今日演奏した曲は「El condór pasa」と「El Sariri」の2曲

感想はというと

先輩2「構成をしっかり確認すること!!」

と言われるくらいにはグダグダでした。えへへへ…

ちなみに明日もやるみたいです。明日はグダグダしない…!!

午後の講義。実験。今日は磁場がなんとか言っていたらしいけれども、そんな話を聞いている時の僕はまさにこんな顔→(・_・)

右から左に受け流していました

片付けの早さだけは他の追随を許さなかったと書いておきますね

 

で、放課後。今日は完全に自由だったので部室に籠ることにしました

僕のいるサークルは南米の民族音楽を演奏したり歌ったりするのですが、歌詞はスペイン語で、日本語にはない特有の発音もまあまあ出てきます

例えば"ll"なんてのはlが2個連なっているのですが、こいつの発音は

「リャとジャとヤを混ぜた感じの音」なんですね。わかりにくいのでwikipediaなどを参考にしてください

これの発音が難しい、という話に友人となりまして

友「ヤ、ヤ」

僕「lla lla」

友「どう発音すんの?」

僕「ベロの先っぽを下の歯の付け根につけて、ベロの真ん中を上あごに近づける感じ?」

友「?♂ぁ ♀*ぁ」

僕「ちょ、それ(笑)」

友「これ発音できないって(笑)」

この友人、圧力キャラ(本人否定)でいるのですが、ここに関してだけは「ゆるふわ系女子(本人自称)」だなぁ、と思いました

僕「このこと、宣伝しておくね」

友「言ったら踏み◯す」

僕「もう遅い!!」

おとなしく踏み殺◯れました、さすがゴジラ… 

 

んで9時くらいまで練習をして帰宅

今日は雨が降ったみたいなのですが帰る頃には止んでいました。んで寒いし…

f:id:Ma316:20161121232946j:plain

ポンチョを着て帰ることに。周囲の人に変な目で見られましたがそこんとこは気にしないことにします

 

それじゃ、また次の機会に