#284 早く起きてしまった朝は…

こんばんは

 

昨日の話。老人ホームに依頼演奏をしに行ったわけですが、そこで先輩が、いわゆる「あーん」を向こうに居た女性とし合っていました

ああいうのを見ると、恋愛に年齢は関係ないというのを思い浮かべてしまいます。いいなぁ…。僕も「あーん」されたい…

僕も「あーん」されたい!!

そう思ってはいるものの、僕がやられる「あーん」は

「あーん❤︎」ではなくて

「あーん?(友人から受けるとてつもなく強大な威圧)」だけでございまして…

ということをtwitterでつぶやいたところ、本人から半殺しに遭いました。コワカッタヨ

 

そんな「あーん?てめぇ何フザケたことヌカしてんだよ?消すぞ」と言われたかどうか定かではない人間である僕は昨晩寝落ちしまして。久しぶりに日付を跨ぐことなく眠ってしまいました

で、寝落ちの翌日である今日はというと
f:id:Ma316:20161218191533j:image

(ロック画面)

4時44分におきました。早起きですね

僕「…逆に何をしろと?」

半ギレです。ただただ寒いだけ。全裸ですもの

しばらくすると、夜も明けてきました。待っていたぞ!!床暖とエアコンの二重体制だったぞ!!
f:id:Ma316:20161218191448j:image

夜明け

まあ眠い目をこすって心理テストを延々とやっていたんですけれどもね

心理テスト、何個かやったわけですが

診断A:「あなたは積極的に人と関わろうとするタイプの人間です」

診断B:「あなたは人見知りで人と関わることに消極的ではありませんか?」

これ…、どっちやねん?!という気持ちです。ついつい関西弁が出てしまった

また、別の診断では「あなたは飽きやすい性格で、物事が長く続かないタイプ」という結果が出たのですが、10問も回答し終えないうちに中断して別の診断に移るのを繰り返した自分を思い出しまして。

僕「ああ。確かにそうだわ」

とても納得したので続きを読もうかと思いましたが、診断結果の文章が長すぎて最後まで読む気になれませんでした。飽きっぽい

家でゴロゴロするのにも飽きてしまった究極の飽き性である僕は昼前にコインランドリーへ行きました。昨日行きそびれて、着られる服が全身タイツくらいしかなかったんです

だから…、コインランドリーは…。まあそういうことです

 

んで洗濯を終えたら一旦帰宅。その後、友人に誘われていた尺八の演奏会に行くことにしました

友「演奏会あるんだけど、来ない?」

僕「いや〜〜、その日はゆっくりしたいかな〜〜」

友「来ない?(ゴゴゴ…)」

僕「でもゴロゴロしたいかな…」

友「来…ない?(ゴゴゴゴゴゴ……)」

僕「行かせていただきやす。」

誘われて、行くことにしました。脅されてはいません

f:id:Ma316:20161218191345j:image

高円寺。電車だと2回以上の乗り換えが必要なものの自転車だと家からまっすぐに来ることができるという中途半端な立地の場所です

ちなみにコインランドリーからもまっすぐに来ることができるのですが、それをやった場合には「全身タイツで」「和の音楽を」聞きに行く、という変態さんが出来上がってしまうのでそれは避けました。変態に関しては否定しません

入り口にて

係員「よろしければこちらに御記帳お願いします」

僕「よろしいですよ」

言葉がよろしくありません

ここで渡されたもの、それが筆ペンだったんですよね

僕(な、なんたる悲劇!!)

あれ苦手なんですよね。書きにくくて書きにくくて…

僕「…南無三!!おりゃ!!」

1文字目から失敗しました。ありがとうございました

演奏の方はというとなかなか楽しく聞かせていただきました。演奏は皆さん巧かったです

ステージの後ろ側にはカラーライトが付いていたのですが、眠くなるたびにあれを見つめてはアンケート用紙の白い紙を見て「補色補色!!」と喜んでいましたね

眠くなくてもやっていました。すみません

 

演奏は4時頃に終了。心地よい気分で外に出ることができました

そのあとは食材をいろいろ漁って帰宅

晩飯を作りながら今に至ります

 

明日は月曜日。また1週間が始まるんだ…

なんと、明日は英(略)座のプレゼンの練習もするらしい。ウヒェエエ…

今から原稿の大筋を書き上げねば…。King og 英弱王なりに頑張ります

 

それじゃ、また次の機会に