読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#303 新年初銭湯

こんばんは

 

今日は7時半頃に起きました

僕「今日こそは…、今日こそは…!!銭湯に行く!!」

非常に強い意志を持っての起床です。思えば1ヶ月ほど行っていないんですよね

んで起きがけにふとLineを見ると、5時半過ぎに友人からの通知が入っておりまして。僕も律儀に返信した痕跡がありました

僕「…?記憶にない…、ぞ?」

何かがあったのでしょう。何かが

 

んで10時近くまでグデグデして大学へ。今日は2限目からあるんですね

しかも今日は小テストがあるということで。ウヒェ〜〜

でも大丈夫!!朝早く起きたのはそれを準備するためだったのです!!偶然ってすごいですね〜〜、こじつけたもん勝ちです

僕「ジェ〜〜ンジェンわかりませ〜〜ん」

意味なし。

とりあえず小テストですが、

教官「このテストの出来が悪かったものは、私の研究室で特別指導ですから…」

僕「なるほど、つまりはお仕置きってなわけですな」

んで解いて回収されて。感想

僕「ドキッ!!理系だらけのお仕置き教室!!への参加申し込みを完了させた」

つまりは、まぁ…、そういうことです。ウヒヒ

しかもこの教官、ちょっと前の代の学生からは「ホモっぽい」という意見があったらしくて。それを思い出すと、お仕置きって…、そういうことなんでしょうかね?

僕「おいら、ワクワクしてきたど!!」

してません

昼食。今日は食堂に行ってみました
f:id:Ma316:20170106232625j:image

旨辛とうふ、いやお前は違う。

んで3限目の教室へ移動。まあ2限目の隣の部屋なんですけれどもね。というか金曜日は全部の講義が一つの建物で受けられるんですよね、僕の場合

時間はワープして、今日の講義は全て終了!!

補習がある講義が大体確定してきて泣きそうですがまあ仕方がない!!

 

4時半過ぎに大学を出ました。ここから猛ダッシュで銭湯へ

と言っても今日の銭湯はいつも大学から向かう中目黒のところじゃなくて、上野の寿湯です。なんとなく、本当に意味もなく。ただ上野に最近行っていないな〜〜、じゃあ行こうかな〜〜、くらいの気持ちでした

1時間ほど自転車をこぎ続けて
f:id:Ma316:20170106232639j:image

上野恩賜公園。ライトアップ中

大学から上野まで1時間を切ることができるとわかったのは大きいです。もちょっと早く行けるようになれたら文句はないんだけれどもな…

んでここからさらに進んで、去年の7月にリアル山手線ゲームで行って以来の寿湯に到着
f:id:Ma316:20170106232649j:image

入浴料金(サウナ含む)も払っていざ入浴!!

コインロッカーを使おうと思いまして、財布を開けて中身を確認したのですが

僕「100円玉が、ない…だと?」

焦りますねぇ、こういうの。コインロッカー用に100円玉を持っておけばよかった…

今回はとりあえず借りて事なきを得ました。助かった

いざ。改めて。6時半

ここの銭湯ね、お湯が熱いの。45度はツラいって…

まあでも僕のメインの目的はサウナなので、今回もサウナへ

サウナから出て水風呂に入浴中

見知らぬおじさん「いや〜〜、冷たいですね」

僕「そうですねぇ」

おじさん「この水ってのは地下水なんですかね?」

僕「さあ、どうなんでしょう?」

おじさん「これで今日何回目ですか?」

僕「まだ2回目です」

おじさん「そうかそうか!!」

なんか、見知らぬおじさんと仲良くなりました。変なところでコミュ力を発揮するんだよな、僕…。まあでも良い人っぽかったので安心しました

今回は初めて「塩サウナ」というものに入ってみたのですが、その室内に張り紙がしてありまして、その一つにこんなことが書いてありました

「向かい合って塩を塗り合うことは禁止します。ダメ絶対」

僕「あ、はい」

何にも言えませんでした。言ったら負けな気がした

 

そんなこんなで8時まで2時間ほど居座り続けて、身も心もさっぱりしてきました

f:id:Ma316:20170106232700j:image

こちら、風呂を上がった直後の僕です。見てもらえばわかるように、体が温まっているので結構オネムです。目元のあたりが特に気だるそうな雰囲気を出している

ここで残念なお知らせです。上野から自宅までは自転車で1時間ほどかかります

外は寒いです。僕は眠いです

僕「せっかく温まったのに…、んで眠いし…」

ツラいです

その後なんとか頑張って帰宅。今に至ります

 

先ほどテレビから「明日からは3連休ですね!!」という声が聞こえてきたのですが、残念ながら講義があるんですよね…

しかも必修の講義で抜けられないんですよね…、ツライ

 

それじゃ、また次の機会に