読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#329 下見旅行〜2日目篇〜

日記

こんばんは

 

今日も下見旅行についてを書きます。昨日の続きですね

 

初日の夜は人生ゲームをやり、「フリーターなのにお金をもらうマスにばっかり止まる人生を歩み続けてそこそこの天寿を全うする」という人生喜劇を演じたのち、3時頃から突如始まった人狼のゲームを観戦する宣言をした5分後に寝落ちした僕ですが、4時半に起床しました

友「〜〜〜…」

友2「〜〜〜?〜〜、〜〜」

僕「…?」

友3「〜〜。〜〜〜、〜〜〜おしり〜〜。」

僕「おしり?」

目が覚めました。何の瞬間だったのでしょうか

というかこいつら、一晩中ずっと人狼をやり続けるつもりなのか、そう思うと狂ってる奴らだなぁと思わざるを得ませんでした。僕の役職は「眠り王」と言ったところでしょうか。「そんな君主は真っ先に殺されてしまえ」というのが市民の総意だと思います

再び寝落ちして。次に起きたら6時15分でした

この日の山中湖の日の出時刻は6時45分ということで、まあいい感じの時間に起きられたと思います

別の友人も起きていたのでこの友人と山中湖まで朝の散歩をすることに。とはいえ宿泊所から湖までは歩いて5分くらいなのでちょっと休憩して6時半に外へ出ました

友「お前何時に寝たの?」

僕「3時くらいに寝落ちしたっぽい」

友「じゃ俺と同じくらいか」

僕「えでもお前人狼やってたよね?」

友「眠りながらやってたっぽいわ」

僕「マジか(笑)」

器用なもんですね、見習いたいです

湖に到着。白鳥も泳いでおりました
f:id:Ma316:20170201202529j:image

そして、夜明け
f:id:Ma316:20170201202550j:image

徐々に赤くなっていきまして

f:id:Ma316:20170201201917j:plain

最後にはこんな「赤富士」を見ることができました。オリ合宿本番で天気に恵まれてこの景色を見られるのを期待するしかないですね

10分ほど滞在したのちに戻って。朝食をいただきました
f:id:Ma316:20170201202613j:image

美味しかったです

 

9時過ぎにこの宿泊所を出て、マイクロバスに乗り込みます

着いた先はこちら
f:id:Ma316:20170201202623j:image

富士急ハイランドです!!

これは楽しめるぞ!!
f:id:Ma316:20170201202842j:image

あまりに盛り上がりすぎてついつい巨大化してしまいました

さあ行くぞ!!
f:id:Ma316:20170201202642j:image

キャーーーーーーーー!!!!
f:id:Ma316:20170201202658j:image

ヒャーーーーーーーー!!!!!!!!!



f:id:Ma316:20170201202708j:image

…すみません、あれだけのことを書いておきながら僕は絶叫マシンが大の苦手なんですよね…。思わず引きつってしまいました

写真から分かるように空は青くていい天気ですが、僕の顔も同じくらいに青いです

ジェットコースターが疾走しているのを見るだけで生唾の噴水が発生する僕ですが、そんな僕があれに乗った場合は僕の体から有象無象の液状の物体が噴き出して周囲に恵みの雨となって降り注ぐことでしょう

そんなことになってはひとたまりもないので、乗らずに見物する方針にしました

僕「俺さぁ、絶叫マシンよりもバンジージャンプの方が好きなんだよね」

友「それってさぁ、「バカは高いところが好き」てことじゃない?」

僕「なるほど!!納得したよ!!」

公式見解として「僕はバカ」という意見を得ることができました。えへへ

とりあえず僕からも「ジェットコースターにもシルバーシートを設置してほしい」という意見を提案したいと思います。頑張れ老人。

 

f:id:Ma316:20170201214432g:plain

同クラの友人たちがジェットコースターに乗っているのを外で待つ僕

ところで絶叫系が嫌いな僕からするとこの遊園地はなかなか退屈だったりするものでして…

ちょっと早めにおいとまさせていただくことにしました。まあでもお土産だけは買っておきたいなぁと思って売店へ

f:id:Ma316:20170201202155j:plain

これが僕の目に映りました。刹那、

「胸が揉める胸が揉める 胸が揉めるぞ

 胸が揉める揉めるぞい 胸が揉めるぞ」

こんな替え歌が頭に流れました(「日本全国酒のみ音頭」)。とんだセクハラ讃歌です

売店「あの…、ッフォwwwちょ、お客様…フヒヒッ」

僕「え?あ、その」

口ずさんでいたみたいです。しかも聞かれていたみたいです。スーパー恥ずかし買ったので僕はもう嫁入りできません

 

で、11時40分ごろのバスに乗って、今度は行きとは違って渋谷駅のバス停へ行くことにしました。こっちから帰った方が電車の乗り換えの都合で楽なんです

f:id:Ma316:20170201202429j:plain

車内はガラガラで、40人乗りのバスにいたのが5人でした。少ない

バスに揺られて2時間ほど。途中車内で寝落ちをしたもののなんとか渋谷に到着できました

さあ帰ろう、そう思った矢先

友「あれ?(僕)じゃん」

僕「ん?ありゃ!?」

友人と鉢合わせしました。奇跡ですね

友「今から大学行くけど一緒に行かない?」

僕「行く!!行かせていただきます!!」

半ば拉致される感じで行くことにしました。言い方次第。単純野郎ですね

大学の部室へ。と言っても疲れの極みだったので2時間ほど仮眠をとってすぐさま帰宅することにしました

帰宅は5時過ぎ。そこから泥のように眠り、起きたら10時過ぎでした

僕「ちょ、寝すぎた」

そのままの勢いで眠りにつきまして、この日を終えました

  

はい、そんな感じです

この2日間、いろいろなことがあって楽しむことができました!!

旅行の下準備をしてくれた係りの友人には感謝です!!

4月の頭には本番のオリ合宿があるのでその時には後輩たちが心地よく楽しめるように支えたいと思います

 

それじゃ、また次の機会に