読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#341 ねるねるねるねるねるねるねるねるねるねるねるねるねるね

昨日。チャリ旅から帰って家でゆっくりしていた時のこと

ふと、甘いものが食べたくなった。しかも、チョコレートが食べたくなった
f:id:Ma316:20170213190800j:image

しかしこの時期、世の中はバレンタインを目前に控えている。そんな中僕のような青い人がチョコレート売り場に向かうとそれだけでGメンに取り押さえられてしまう。

また、奇跡的に取り押さえられなかったとしてもレジに向かう険しい道中では幾千万もの女性の目に晒されることは避けられない。

そんな好奇の目をかいくぐって辿り着いた最後の難関の「レジ」でも、嘲笑を受けることは分かりきっている。

でも、なんとかして甘いものが食べたい…、甘いものが食べたい…!!

 

というわけで。
f:id:Ma316:20170213190819j:image

ねるねるねるね」を買った。

 

前置きが長くなりましたね、こんばんは

はい、ねるねるねるねを買いました。買わせていただきました

このお菓子、小学低学年の頃にはそこそこ食べていたものの大きくなるにつれてめっきり食べなくなりまして。お菓子を買うくらいなら菓子パンとかおにぎりとか、そこらへんにあるファストフード店とかでもうちょっとお腹がふくれるようなものを買っていたわけです

…が、成長してみて改めて思うのは「童心に帰って久しぶりにあのお菓子を食べたい」ということでして。今回はいい機会だったので買うことにしたわけですね
f:id:Ma316:20170213191011j:image

というわけで袋から取り出します。中身はトレーと3つの袋とスプーン

早速作っていくことにしましょう!!
f:id:Ma316:20170213192045j:image


f:id:Ma316:20170213192100j:image

ポイ

今回は袋の作り方には頼りません!!何せ幼い頃に何回も作っています!!大丈夫!!任せなさい!!

こういうのは子供向けに数字の書いてある袋順番に開けて行けば問題ないもんなんです!!

まずは1番目の袋をオープン!!
f:id:Ma316:20170213192119j:image

「作り方は外袋の裏を見てね!」

見ません。
f:id:Ma316:20170213192136j:image

入れる

この時、より高いところからトレー注ぐことで空気と混ざって美味しくなるとかならないとか。
f:id:Ma316:20170213192150j:image

粉は宙に舞うのでそこは気をつけて下さい

んで、この後は混ぜるわけですが

やはりお菓子といえば欠かせない材料がありますよね
f:id:Ma316:20170213192217j:image

玉子です。今回は玉子を2個分混ぜたものがお椀に入っております

では、いざ。
f:id:Ma316:20170213192229j:image

投入

で、混ぜる。

その結果、こんな感じになりました
f:id:Ma316:20170213192242j:image

緑、というか灰色、というか…

ダメージを与えてきそうな色をした液体が目の前に広がっております

そして、2番目の粉を投入
f:id:Ma316:20170213192258j:image

これも混ぜる
f:id:Ma316:20170213192309j:image

途中経過。色がひどいことになっておりますが根気よく続けることで
f:id:Ma316:20170213192320j:image

まあまあいい感じの色になったんじゃないでしょうかね?

ちなみに真ん中のあたりにある黒い物体は粗挽き胡椒の粒です。宜しくお願いします

そして!!最後に3番目の粉を入れて!!
f:id:Ma316:20170213192333j:image

こいつも混ぜて!!
f:id:Ma316:20170213192345j:image

さああと一歩!!これではまだ生なので!!
f:id:Ma316:20170213202426j:image

レンジに入れます。3分くらいですかね?
f:id:Ma316:20170213202434j:image

〜〜3分後〜〜

できた。


f:id:Ma316:20170213202447j:image

f:id:Ma316:20170213202658j:image

美味しい

 

 

※作った「ねるねるねるね〜玉子風味〜」はちゃんといただきました
f:id:Ma316:20170213192655j:image

 


f:id:Ma316:20170213192704j:image

 

意外と美味しかった。