読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#388 3月も今日で終わりですが、今日もいつもと変わらぬ通常営業をいたしております

こんばんは

 

今日、友人がこんなことを言いだしました

友「女子大生の化粧濃すぎ!!こいつらスッピンになったらどんなんなるんや?」

僕「こんなんじゃない?」
f:id:Ma316:20170331205722j:imageこんなん

友「これはさすがにかわいそうやわ、化粧したってくれ」

僕「ちょっと待ってて」

アプリをダウンロードして画像編集を始めました

~~30分後~~

やってやりました
f:id:Ma316:20170331205740j:imageバーーーン

僕「ごめん、限界があった」

友「素晴らしすぎる」

意外と高評価でした。僕の前々前世はモアイ像の化粧をする職人だったっぽいです

 

今日は午後からの活動ということで、昨日までと比べてちょっとはゆっくりできたわけでございまして。9時半に起きました

昨日銭湯に行ったおかげで、今日の僕はやる気に満ち満ち溢れてやる気が氾濫しておりました

僕「うっしゃ!!今日も頑張るぞ!!」

その勢いのまま二度寝しまして。起きたら11時半を回っておりました。大学までは20分ほどかかります。つまりこれは…

僕「…遅刻か?やっちまったのか?」

授業が始まっていないにもかかわらず絶起(絶望の起床、の意味)をしてしまいました。新年度早々不安です。まあまだ年度は変わっていないのでセーフっちゃセーフです。多分

兎にも角にも急いで大学へ。外は曇り、ちょっとばかり憂鬱な気分です。というのも僕たちの宣伝というのは「屋外で演奏して新入生に見せる」というスタイルをとっているのですが、この楽器というのが湿気に弱くて、水に濡れたらアウトなのです

つまり雨が降ると演奏ができない→宣伝ができない→新入生が入ってこない→隕石ドカーーン

そんな流れが起こってしまうのです。晴れてもらわなければ…!!
僕「…冷たっ」

雨粒が顔をかすめました。嫌な予感…

 

12時ギリギリで大学に到着。何とか遅刻は免れまして。ただ休憩してしまうと雨が降りそうなのに宣伝できる時間がさらに短くなってしまうのでそのままの足で演奏を始めます

…最初は自分が少しゆっくりできる曲を選ぶ、これは演奏する曲を選ぶ権限が僕にあることで使える特権です。ただあまり偏りすぎると文句が出る上にギターでタコ殴りにされた後でケーナを刺されかねないのである程度はバランスをとった選曲をして進めていきます

(※そんなに荒れ狂った世紀末サークルではありません、念のため)

1時間ほど演奏をしたら小休憩

f:id:Ma316:20170331205856j:image

この時点では雨粒の「ぴ」の文字も見つからないくらいでした。まあ曇ってはいたけれども…

この後2時半くらいまで演奏を続けていたのですが、さすがに体力切れをしてしまったので先輩に頼んでちょっと休憩。ついでに生協食堂にて昼休憩も入れました
f:id:Ma316:20170331205806j:imageタルタル

味噌汁をもらおうとした時に、これは受付に並んでいたやつだったのですが、おばちゃんが気を利かせてくれました

店員「今から温めなおした熱々のをあげるからちょっと待っててね」

僕「ありがとうございます〜〜、でも僕猫舌なんでこっちのがいいんですよ」

店員「猫舌だって(笑)」

店員2「かわいいね(笑)」

苦笑されました。にゃ〜〜ん
f:id:Ma316:20170331205820j:image実家の猫、ちくわ

僕「にゃ〜〜ん」

店員「ふふふっ」

聞かれていたみたいです

 

再び宣伝演奏をしている場所に戻ったのですが、残念ながら雨が本格的に降り始めてきてしまいまして。仕方なく演奏は中断

先輩「やっぱりさっきtempestadをやったからなぁ」

僕「やったんすか、あれ」(tempestad:嵐)

先輩「嵐呼んだれ、と思って」

僕「本当に来ちゃったじゃないですか、雨」

先輩「ほんとだね(笑)」

楽器を雨から守りながら屋内に退散。そのあとは楽器体験をしている部屋に行きまして、ちょっとだべっていたらいつの間にやら撤収の時間になっていたので荷物を片付けて部室に引き上げて、んで帰宅。

雨の中コインランドリーに突撃して、洗濯待ちをしながらこの記事を書いています
f:id:Ma316:20170331205833j:image

 

明日も演奏です!!午後から5時間、休憩なしでぶっ通しみたいです!!

シフトを組んだのは僕なので自業自得です!!死ぬ…

天気予報で見る限り午後は晴れるっぽいです!!やった!!宣伝できるぞ!!

ただ、雨が降れば体力を使わなくて済むのでそれはそれで助かるような…

悩みどころですなぁ…

 

それじゃ、また次の機会に