#513 うどんが食べたい

こんばんは

 

連日毎度おさわがせしておりますが、今日も日焼けが痛いです

昨日の記事にも書いた通りで、「ラップを巻くと痛みが軽くなる」ということなので実際にやってみたらまあ確かに楽になりました

そこで今回は別の巻き方をやってみました
f:id:Ma316:20170803224009j:image

それがこちら。ドラクエの最初の方で勇者が装備している服がラップだった場合のコスプレじゃあないです。

今回、なぜこんな囚われの身のようなラップの巻き方をしたのか、その理由は後ろにあります
f:id:Ma316:20170803223519j:image背中

真っ赤っかですね

腕よりも背中の方が日焼けがひどかったです…

んで、後ろって見えないから余計に放っておいてひどくなってしまったわけです

僕「…あれ、この巻き方だと背中の上の方がカバーできていないんじゃね?」

うまくいくと思ったんだけどなぁ〜〜…、難しいもんですな

 

そんな、ラップの巻き方とラップの韻の踏み方に苦労している僕ですが(YO)、今日は(HEY)朝の(YO)10時半に(Yeah)起きたんだZe

僕「悪夢見た…」

普段の生活ではやらないようなことを夢の中でやってしまうことってありますよね

僕は今日の夢の中で自転車を適当に駐輪していたのですが、それが運悪く駐輪禁止の場所でして、おまけに鍵をかけ忘れていたものですから撤去されていまして

しかもなんか変な場所に持って行かれたらしく

僕「自転車!!僕の自転車知りませんか?!?!」

おじさん「君の自転車なら80km先くらいにトラックに持って行かれたよ」

僕「ありがとうございます!!」

って会話を見知らぬおじさんとして、自転車の置いてある場所へ歩いて向かったわけです

そもそも80kmくらいの距離を歩いて移動するのもおかしいし、おじさんが80km先、と具体的に知っていたのもかなり謎なのですが、ここはまだまだ

自転車を探そうとする道中、山道でつまずいて後ろに倒れてしまいました

僕「いてぇ!!」

しかもそこは坂道、ほおっておいたらどんどん滑り落ちていきます

僕「お!!おおぉっぉ!!止まらない!!」

いつの間にやら砂利道まで滑りおちました

僕「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!背中痛い!!背中!!あかんて!!!」

〜〜

そこで目が覚めました。日焼けの跡を布団でこすって絶叫していたわけです。痛かった…

 

今日のバイトは1時過ぎからなので、背中を水シャワーで冷やしてしばし休憩、その後バイトへ向かいました

今日は1時間半の作業をしてから2時間近く休憩があって、それから再び5時間の作業。休憩のタイミングがおかしい…

とりあえず最初の作業を終えて、一旦帰宅。ちょっと家で休憩しました

僕「ラップが!!蒸れる!!きつい!!」

巻き方が悪かったのかラップがめちゃくちゃ蒸れまして。必ずかの邪智暴虐のラップを取り除かねばならぬと決意したわけです

ラップを取っ払って、しばらく昼寝をしてから再びバイトへ。4時間半の作業をこなして無事に今日の作業は終了!!

ってなことで晩飯を食べることに

僕「今日は久々にうどん食べたいな…」

というわけでお店に入りました

f:id:Ma316:20170803224021j:plainドン!!

ぎゅうどんです

しかも今日は特盛を食べました。そんでもって紅生姜を多めに乗せました

最近紅生姜を食べていなかったしちょうどいいくらいですな

 

んで帰宅。今に至ります

 

明日は久々に夕方からバイトです。大学の部室にでも行こうかな?

 

それじゃ、また次の機会に