#645 試験

こんばんは

 

昨日は同期打ち上げでお酒を飲みまして。またかお前は、とか思わないでください

んでまあ飲酒運転はまずいので自転車を駐輪場(大学)に置いて、電車で帰ったわけです

駅から家まで徒歩10分(シラフver)、まあ楽勝です

僕「オワッツァッパ!!」

足をひねりました。

僕「痛い…」

酔っ払っての移動は危険ですね。気をつけます

 

そんな、帰宅途中で足を3回はひねった僕ですが、今日は授業です

自転車は大学のキャンパスに置いてあるので取りに行かねばなりません

僕「7時半か…、まだ早い…」

家でぐだぐだしていたらいつの間にか9時でした。これが、「家でぐだぐだ(タイムワープ)」…!!

急いで家を出ました。自転車に乗っ…

今日は大学に自転車を取りに行かねばならんのでした。遠い…

というわけで駅へ向かいます。今回は足をひねりませんでした。よかった

目の前で乗りたい電車に発射されるハプニングを越えて乗車、9分で行けるのはいいですね

んで到着、自転車を回収して改めて大学へ向かいました。別キャンパス…

今度こそ到着。授業です

ここ最近英語の文章を読んで解説する、みたいな感じの授業でして、まあ頭に入ってこない…

のですが、今日のところは内容をつかんだような気がしました

僕「なるほどそういうことを言っていたのか」

教「〜〜〜、ということが書いてあるのですが、実はこれはみなさんが想像していることとは違いまして〜〜〜〜」

僕「よっしゃ、全然わからん」

つかんではいませんでした

 

午後。発音の授業

授業というか、今日は試験でした。早い

この試験、筆記と聞き取りと実技の3種目があって。最初に聞き取りの試験があったのですが

教「最初はこの音です。(教員の発音)」

僕「わからん」

初手、放棄

聞き取りを終えてから筆記試験でした。具体的に内容を書くと、「見慣れない記号を59個覚えて書く」みたいな感じです。うひひ

僕「あああ、あと1個、この一個がわかればおしまいなのに思い出せない…」

小学校の国語のテストで、漢字がわからないとテスト用紙とか教室中のポスターを舐めるように見ませんでした?僕はまあ実際に舐めた側の人間なのですが

同じ感じで、テストの問題用紙を舐めるように見回しました

僕「…あああああっっったあああああ!!」

まさか、いるとは。お前はいちゃだめだろ。…いやいていいんだよ

あとは、口の中の部位の名前を答える、みたいな試験があって

僕「これは、喉仏…」(書き)

僕「これは、喉仏…」(書き)

僕「…あれ、喉仏が2個あるぞ…?」

やらかしました。恐怖です。仕方がないので2個目の喉仏には「喉仏 MarkⅡ」という名前を与えておきました

…さて、実技。実はどうやら僕は最後にやることになったらしくて、筆記試験が終わってからは待つのが退屈で仕方がありませんでした

僕「暇だし外見てるかな…」

今日は晴れ。時折雲が流れていきます。つい見続けてしまいました。その結果

僕「酔った…」

まさか雲の流れを見続けて酔う日が来るとは…

実技の試験は20問。多い…

そのうち正しく発音できたと言い切れるのは5問。少ない…

点数がきになるところです

さて、実技を終えて教室へ戻ると、すでに全員退出済みでした。ぼっちや…

急いで荷物をまとめて、自分も退出。試験は終わりです

 

この後、学生証を教室に忘れたので取りに帰りまして、んで部室へ寄って休憩してからバイトへ行き、帰宅。今に至ります

 

明日も授業です。もうね、本当にね、そろそろ遅刻地獄から抜け出したいです

 

それじゃ、また次の機会に