#682 自分の脳ミソの写真を見ちゃった//

こんばんは

 

昨日のバイト終わりにスーパーへ寄って買い物をしました

テキトーに食材を買いあさって会計のためにレジへ向かったのですが、店員さんの反応が面白かったので書かせていただきます

店員「いらっしゃ…いませ〜〜」

目の前に青い服on青い上着on青い上着の人が来て一瞬固まりました

僕「これお願いします」

店「は、はひ」

焦ってる

レジを打っている間に僕はリュックから財布を取り出しました

店「おか…いけい3点で1052円です」

まさか店員さんも全身青い格好の人が青いリュックサックから青い財布を出すとは思わなかったのでしょうね、変なところでどもっているのがすぐわかって面白かったです

 

そんな、いつだったかに引き続いて今日も左右の靴下を間違えた(右黒、左青)僕ですが、実験のお手伝いがありました

今日は第3回、終盤に差し掛かっているらしいです。そろそろ寝坊しないいけるようになりたいです。過去2回、「いつごろ到着されますか?」というメールが届いております

今日は二度寝することもなく、1回目の起床で目が覚めました。進歩

僕「え、9時じゃん。受ける」

マジの寝坊でした。おかしい…

昨晩3時まで資料を作っていたけれども、まさかそれが原因なのだろうか…

 

ともあれ、急いで大学へ向かいました。おかしい、もう試験も授業も全部終わっているはずなのに…

というわけで到着。おとといと同じ感じで実験の説明を受けて、実験の手伝いへ

この実験、課題をこなすときの脳の働きを調べる、というのがテーマらしくて、前回までは割とすんなり課題をこなしていました。驚かれるレベル

担当「今回はちょっと難易度が上がります」

僕「はい」

で、課題に挑戦したのですが

僕「「ちょっと」って何ぞ!!!!」

MRIの中で思わず叫んでしまいました

1時間ほどで撮影は一旦休憩

担当「あの、(僕)さん」

僕「はい?」

担当「MRIの中で動いたりしました?」

僕「あ、多少…」

担当「撮影がぶれるので抑えていただきたいなと」

僕「はい、すみません」

叫んだのがバレたみたいです。えへへ

課題は全部で4つ。前回は2つこなして、今回も2回こなします

今日1つ目の課題であの難易度だったということは、2つ目はゲロむずいんだろうな…、と思っていたら案の定

僕「全然わからへん!!」

僕「なんじゃこれ!!」

僕「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!」

絶叫

 

そんなこんなで撮影は無事に終了!!

最後に質問というか実験の趣旨説明というか、というのをしていただきました

担当「〜〜〜というわけです」

僕「へ〜〜〜」

あまり詳しいことを書くとまずそうなので伏せますね

んで最後にこちらから質問をする時間が設けられまして、帰り際

僕「あの〜〜」

担当「はい」

僕「興味本位なんですけれども、よろしければ自分の脳ミソの画像を見たいな〜〜、なんて思ったりして」

担当「ええ、いいですよ」

あっさり許可を得ました
f:id:Ma316:20180119233926j:image本邦初公開

これが、僕の脳みそです
f:id:Ma316:20180119205232j:imageじゃん

脳みそを横から見た図らしいです

担当「これをこうドラッグするとね」(操作)

僕「はい」

担当「画像が動くんですよ」

僕「おおおおおお〜〜〜〜!!!」

よく医療ドラマなんかで見る、「脳の断面図が前から後ろに動くやつ」を見せてもらいました。あと「右から左ver」と「上から下ver」もみました。スゲェ
f:id:Ma316:20180119233303j:image

とりあえず、自分のスマホの待ち受け画面に設定することにしました

 

実験は今日で終わりらしいです、残念

とりあえず友人に誘われて飯を食べに行くことにしました。今回の実験もこの友人の紹介です。ありがたい
f:id:Ma316:20180119205359j:image駒鉄

大学すぐそばのつけ麺屋で昼飯を食べて、ちょと腹ごなしに散歩してから部室へ向かいました

部室に入ってしばらくは楽器を触っていたのですが、友人から自撮り(自分の顔を撮った写真)を要求されましたので、さっきの脳の画像を送りつけました

友「違う、そうじゃない」

僕「あ、違うの?」

部室の中を見回して、比較的自分に似た顔のものを探し当てました

f:id:Ma316:20180119205333j:imageなにこれ
なにかしらのフィギュアがいたのでこいつに決定

友「なにこれ?」

僕「俺が聞きたい」

何なんでしょうね

 

この後バイトへ向かい、うだうだして帰宅。今に至ります

 

明日は引っ越し先を決めるための相談に行ってきます

そろそろ本腰で行かないと

 

それじゃ、また次の機会に