#749 アンしら!!の続き

こんばんは

 

今日の更新は昨日の続きです。いきなり二部構成ですがお許しを

 

打ち上げはダーツバーへ行ったのですが、そこで1時間ほどワイワイしてから解散

大学の同期の一部で2次会へと駒を進めました

着いた先は鳥貴族。お酒も入りまして、食べ物も入りまして。ワイワイしておりました
f:id:Ma316:20180327114222j:image

しかし時間も時間ということで終電がある人たちは帰ります

一人減り、二人減り、ついに残っているのは僕含め5人というところです

その5人も一人寝落ち二人寝落ちし、ついには僕1人が起きているという状況になりました
f:id:Ma316:20180327114235j:image

プライバシー保護のためにネギまで失礼します。

ちなみにこの写真の時点で一番右のやつは起きているのですが、この後しばらくして寝落ちしたので実質僕1人です

僕「…暇」

手持ち無沙汰になってしまったので、お金だけちゃんと払って一向(1人)はカラオケへと向かいました

深夜のヒトカラ、ウキウキです

道を一本間違えたところ、2分弱で5回くらい客引きの声をかけられました。夜の五反田、怖いです

さて、深夜帯のカラオケが一番安いところを発見して、店に突入

3時半から、試合開始です!!何と戦うのでしょう
f:id:Ma316:20180327114246j:image

開始のゴングは中森明菜の「Desire -情熱-」です。う〜〜ん、久々に得点が伸びた

ちなみにここから先、明菜songsが9曲続きます。多い

これでも歌い足りないかなぁ、でも他の人の曲も歌いたいしなぁ、ということで他の人の曲へ一旦浮気して、また戻って、という感じで

昨日は20曲近く歌ったのかな?うち明菜songsで半分を占めました。多すぎ
f:id:Ma316:20180327114300j:imageTime goes by

最後はEvery little thingのこの曲でフィニッシュ。90点をギリギリ超えたので満足です

 

時刻は午前5時。深夜料金の終了と共に外へ出ました。1時間半ですって。もうちょっと歌っても良かったかなぁ…

外は夜明け目前といった感じの明るさでした。さあ帰ろう

山手線に乗れれば乗り換えなしで家まで行けるというのはありがたいもんですね

ところで僕が駅の改札をとうた頃には前の電車がすでに発車していました

僕「…1本逃しても3分くらいで次来るっしょ」

時刻表を確認!!次は15分後!!

僕「…ホゲェェ?!?!?!」

油断しました。実家付近の電車事情と全く変わらない

そうか、これが早朝効果か…。びっくりしました

 

というわけで5時20分だかの電車に乗りまして、山手線をだいたい半周。駒込駅に到着
f:id:Ma316:20180327114312j:image

駅前は桜が咲き乱れておりました。今が見頃のような感じです

このまま歩いて帰宅。6時半くらいですかね。ようやっと演奏会が終了しました

この後流れで眠りについたのですが、起きたら夕方4時でした。

僕「生活リズム崩壊の音がする」

まずいです、とても

 

さて、自転車のブレーキの具合が悪かったので見てもらいに自転車屋へ行こうと思いました。午後4時ですが

とりあえず支度をして、うだうだしてから家を出ました。午後5時ですが

僕「いつも行く自転車屋のチェーン店近くにないかなぁ〜〜、自転車だけにチェーンってか、受ける」

調べたら隣の区にありました。遠い

僕「これ迷子になりそう…」

一気に行く気が失せましたが、行かないと自転車に乗れない日々が続いてしまうので重い腰を上げていくことに
f:id:Ma316:20180327114323j:image

途中の道では桜のトンネルをくぐりました。僕が勝手に命名したので実際にそう呼ばれているかどうかは知らないです

あと、迷子になりました

僕「この道を曲がると十字路」

丁字路でした。マジ無理

 

なんとか店を見つけて、チャリを預け、その辺をブラブラ散歩することに
f:id:Ma316:20180327114336j:image

猫発見
f:id:Ma316:20180327114354j:image
座った。

このあと、ちょっと近づいたら思いっきり威嚇されて細い道へ逃げられました。残念

またふらっと散策してから戻ってくると、こいつが座っていたのですが、僕の姿を見るや否や「おぞましいものを見た」かのような声を上げて猛ダッシュしていきました。寂しいです

6時過ぎくらいに自転車の修理が終わったとの連絡を受けたので回収

どうやら無料点検の範囲で済んだみたいです。やったね

 

んでブレーキの効きが良くなった自転車で帰宅した、というのが昨日の顛末です

 

今日は今日で遠い方のキャンパスから家まで歩いて帰る、というアホの極みなことをやったのですが、それはまた明日書くかな、多分

こうして「日記」が「昨日記」に変わっていくのである…

いつか戻す

 

それじゃ、また次の機会に