#771 寝落ちしてた

こんばんは

 

なんと、大学から帰ってきて、疲れて寝落ちして、起きたら日付が変わる20分前だったので今からモーレツに急いで書いていきますね

まずは昨日の帰りの話

この時点でまだ雨が降っていたので急いで帰っていたのですが
f:id:Ma316:20180418233133j:image

iPhone落ちとるがなあああ!!

僕「これは拾って警察に届ければ1割もらえるんじゃないのか?!」
f:id:Ma316:20180418233148j:image

カバーでした。バーカ

スマホを落とした場合のお礼の1割って、何がもらえるんでしょうかね?通信量?

そんなことを考えながら、途中の坂道で奇声をあげながら自転車を漕いでいたら職質のおまわりさんとバトルすることになったので、職質に対して性的興奮を覚える方は雨が降る夜中に奇声をあげながら自転車をこぐことをぜひご一考ください

そんなこんなで疲れながらも帰宅
f:id:Ma316:20180418233158j:image
f:id:Ma316:20180418233212j:image
ベランダに布団が干してあるのを見つけました

僕「うわぁ〜〜、カワイソス…」

僕「あれ俺の部屋だ」

僕の布団でした。そういえば掛け布団を干して大学へ行ったわ…

ツラい

 

そんなびしょ濡れ布団太郎で風邪をひいた、と言うかなんか布団が濡れていておねしょみたいになって不快感とやっぱり濡れていて風邪を引いた僕ですが、今日は午後から授業です

で、今日の最後には例の超少人数授業が待ち構えているのですが、その授業の課題が終わっていなかったわけです

僕「ヤベェ、やらな…」

昨晩のうちから手をつけてはいたのですが

僕「これ、1文が長すぎるぞ」

外国の文学を自分で和訳して読み進める、という感じの授業で、ですね

それはまあ頑張って和訳しようと思っていたのですが、1文が6行とかそんな感じの文ばっかりでして

僕「…無理!!」

寝ました

これが昨日時点

今日時点では

僕「4ページやりたいはずなのに1ページも終わってないじゃん…」

それはそうだ…

というわけで、大学へ行って。と言っても昼1の授業があったのでまずはそれに出ないといけないわけです

ちょっと早めに大学に着いたので図書館で和訳作業を進めることにしました

僕「はぁ、こんな時に図書館かどっかで勉強してたら突然大金を置いてって「頑張ってね」と励ましてくれる人がいたらなぁ…」

疲れすぎて変な妄想全開ですが、気にしないでください。この考えに至った時には勉強を始めていません

はい、午後の授業〜〜、はい終了〜〜

図書館へ行って続きをやろうと思ったのですが、友人から「ラーメン食べに行こう」と誘われ、つい乗ってしまいました

 

んで食べ終わってからは元同クラの友人から「友人の家来れる?」と誘われてそちらもホイホイとノコノコと行ってしまいまして

この時点で勝負はついていました

僕「あ、オワタ…」

和訳、終わらず。終了

結局友人宅から出て授業へ向かおうとするも授業開始時刻にすら間に合わなかったので完璧にやる気を削がれまして

…よく考えたら文章の難易度も高かったし、これは俺には向いていないんだな、そうだきっと。そうなんだ!!

と自己正当化をしました。

この後は図書館で明日の授業の予習をしてから帰宅

いつの間にか寝落ちしていて、気付いたら…、という感じですね。ねっむい

 

明日が1限です

今から徹夜してやろうかと思ったのですが、木曜日は朝8時半〜夜8時半まで大学に拘束されるので徹夜は命取りです。うぅ…

果たして、明日こそは1限に間に合うのか?!先週は寝坊したぞ!!乞うご期待!!

 

それじゃ、また次の機会に