#806 美術館行ってきた

こんばんは

 

いよいよ暑くなってきましたね!!

皆様いかがお過ごしでしょうか?

僕はというと、今年もスイカ開きをいたしました。
f:id:Ma316:20180523223327j:image

パックですが。まだスイカ丸ごと1玉を買うのは高いんだよな…

まあ今年もいずれやります

 

そんな、毎年2玉はスイカを丸ごと食べる事で有名なスイカっ腹の僕ですが、実はまだ明日のレポートが終わっていません!!

明日の1限と明日の5限のレポートが、終わって、いません!!

人はこれを、「デジャヴュ」と呼びます。先々週と同じやん…

というわけでちゃっちゃとこちらを書き上げてちゃっちゃと書いてちゃっちゃと寝てちゃっちゃと寝坊しちゃいますね

今日は午後からの授業でした。で、明日のレポートを書くために必要な情報を集めるためにも、今日の午前は有効活用しないといけないのでした

ちなみにこのレポートは1か月近く前に提示されています。直前にならないと頑張れないんですよね、最近…。昔はそうでもなかったのに…

(読書感想文と部屋掃除は除く)

(読書感想文はむしろ締め切りを過ぎてから提出するタイプだった…)

僕「早起き、するぞ…」

結果、9時過ぎくらいに起きることができたので満足です

さて、そんなわけで午後からの授業に間に合うように帰ってこられる時間を計算して、渋谷の方へ行くことにしました

さすがに時間がキツキツなので今日は電車です
f:id:Ma316:20180523223348j:image盗撮
f:id:Ma316:20180523223358j:imageばれた

覗きがバレたので大人しく電車で運ばれました

乗り換えをこなし、いよいよ駅に到着

小雨が降っていたので小走りで移動して、目的に到着しました

f:id:Ma316:20180523223414j:plain

岡本太郎記念館です。

博物館とか美術館についての授業でレポートを書くのですが、その情報収集のためにふと思いついたのが岡本太郎だったので寄ってみることにしました

渋谷の真ん中にあって、かつてはアトリエだったのかな?違うかも

中にはいろいろなものが展示されていました。2階建てで、1階は主に作業場とグッズ販売、2階は太陽の塔に関係する展示が主でした

f:id:Ma316:20180523235630j:image

太陽の塔って、中に入れたのか…。知らなかった…

その上で、太陽の塔の中の展示ってこんななんだ…。知らなかった

驚きばっかりです

 

さて12時、時刻は正午です

時間的にそろそろ家に帰らないと午後の授業に間に合わないので滞在時間30分で早くも撤収です

楽しい場所だったので、今度は時間をとって来たいです…。無念

せっせこと駅まで移動して、電車に揺られて最寄駅に到着

実はすぐに大学へ移動できるように、最寄駅の駐輪場に自転車を停めていたのでした。頭いい!!

僕「雨降ってきたから合羽取りに帰らなきゃ」

無駄でした。

んで合羽を持って大学へ行き、午後の授業を受けました

今日は施設管理の話をしていました。ふと出来心で担当教官の名前を調べたら結構偉い人みたいでびっくりしました

 

んでバイトへ

今日は4時から10時です。頑張るぞ

普段なら3時間くらいで15分ほどの休憩が入るのですが、今日は会社のお偉いさん方がお店にいらしていたみたいで休憩を取り損ねました

んでもって、前半はまったく忙しくない、むしろ閑古鳥が鳴くような感じだったのに、6時過ぎくらいから一気に忙しくなりまして。閑古鳥がわめきたてるレベルでした

僕「休憩を取りたいのですが」

店「もうちょっと待って、次行ったら」

僕「あの、休憩」

店「はいこれも」

僕「きゅ」

店「今度はこれ」

諦めました。というか10分くらいしたら休憩の概念を忘れていました

さて、今日も原付に乗って元気に暴走行為をしていた僕ですが、今日はハプニングが起きました

僕「イケェイーーー!!」

原「ぶるん、ぶるん……」

僕「…?お、あれ?」

ガス欠。やらかしました

運良くガソリンスタンドのすぐそばでガス欠したのでひきづって移動して、なんとかなりました

 

んで最後の配達で迷子になって15分オーバーで退出しました

いや〜〜、今日も疲れたなぁ、ということで帰りにラーメン屋へ行ってラーメンを食べようと思ったのですが
f:id:Ma316:20180523235616j:image

ニンニクを入れすぎました

報道によりますと、このニンニクの塊を食べた後に気管のあたりを押さえて「ウソヤン」とつぶやき倒れた、ということです

結構きつかった…

 

んで帰宅して今に至るわけです

 

さあ、レポート書くぞ!!

頑張ります

 

それじゃ、また次の機会に