#910 お祭りとか演奏会とか

こんばんは

 

突然ですが実家の簡単な紹介をしておきます

洗濯物を干していると
f:id:Ma316:20180825212002j:image

コクワガタを採取できます。

いいもんですねぇ

 

そんな、小2の夏に1日でカブトムシをどれだけ捕まえられるか?競争をしたら100匹捕まえてしまって気持ち悪さに泣いた僕ですが、今日は地元のお祭りに行きました

家からほど近い木曽川の河川敷でお祭りをやるそうで、両親が昼飯ついでに行くと言っていたので車に乗っけられて行くことにしました

んで、会場では早速市出身のシンガーソングライターの方が歌っていました。はぇ〜〜

歌手「それでは聞いてください」

♩あ〜〜、ははぁ〜〜ん〜〜

♫リハーサル中でスゥ〜〜〜

♪じゃかじゃん

すごいんだなぁ、本業の人ってのは…

f:id:Ma316:20180825210031j:plain

そんな今日の昼飯は佐世保バーガーでした。市の名産物ではない。


この祭りをちょっと早めに抜けまして。僕は別の用事で大府市に向かうことに

親の車で稲沢駅まで輸送されました
f:id:Ma316:20180825210052j:image

電車に揺られて、オーブ市のオーブ駅に到着しました。こう書くと魔力がありそう

とりあえず地図を見て、会場を確認しました

僕「川沿いに行くと早いのか、なるほど」
f:id:Ma316:20180825210114j:image

川はこんな感じで、脇が整備されていました。これは早そう

僕「おっしゃぁ、余裕余裕〜〜!!」
f:id:Ma316:20180825210130j:image30m後

たった30m進んだだけでこうなりました。敗因としては、上の写真を撮るちょっと手前にあった橋を渡らなかったことです。やられた…

なんとか草原を歩き抜いて、ウロウロしているうちに目的地に到着しました
f:id:Ma316:20180825210142j:image

おおぶ文化交流の杜、この中のこもれびホールというところでフォルクローレのイベントをやっているそうです。

帰省してもなおフォルク漬けです。というか名大の方に「今すぐ来い」と言われました

言われてから行くまでに2時間はかかりましたが、行きました。
すでに演奏は始まっていて、途中からの参加です
f:id:Ma316:20180825210548j:image

我々の演奏会とは違ってこの7色の旗(ウィパラ)が飾ってありました。映えますね

インスタ映えを目指すフォルクローラーは是非ウィパラの写真を撮るといいかと思います

さて、先述の方の演奏というのが僕が到着してすぐの出番らしくて、ギリギリ間に合ったという感じです。ほっ

5曲演奏していて、うち1曲はオリジナルの曲だったのですが、いうまでもなくすごく上手くてびっくりしました

さて、この会場のすぐそばではフリマもやっていまして。

何かいいもの売ってるかなぁ、と探したのですが
f:id:Ma316:20180825210516j:image

トヨスのケースが売られていたので買いました。2500円なり

これを買おうと思った時、財布を覗いたら所持金が328円しかありませんでした

僕「あの、これ300円に負けてもらうことは」

店「それはさすがに(笑)」

僕「ですよね〜〜(笑)、ATMでお金おろしてくるのでキープお願いします」

店「結んどこうか?」

僕「いえ、そっちのキープじゃなく〜〜」

高度なインカギャグ

ちなみにこのトヨスケースを買ったらセミージャ(豆みたいなやつ。豆)もサービスしてくださいました。元値500円がなんとタダ!!嬉しい

あとは2500円でチャフチャスも購入。これは僕が元々ケーナを買ったお店です

無茶振りで何か演奏できないか言われて曲が思い浮かばずに固まるというハプニングもありましたが。その間店主のおじさんはDespacitoを吹いていましたが

別の店員さんに「フォルクの曲を」と再三言われてもなおDespacitoを吹き続けてついには1曲吹き終えていましたが。

 

この演奏会を5時くらいに中座して駅まで歩いて電車に乗り込んで名古屋駅

ここでウロウロ。駅ビルの中のハンズに寄ったら自分の記憶よりも広くなってて驚きました

上の方の本屋のスペースを食ってた。

さて、再び電車に乗って家の最寄駅へ向かうことに
f:id:Ma316:20180825210534j:image

これが初見殺しと名高い名鉄名古屋駅です

まあそうはいってもホームの上に光っているところあたりに並べば電車には乗れるのでそんなに難しくはないはずです。外様の皆様も頑張ってください

電車で運ばれて帰宅して今に至ります

 

明日は予定がないはず

ゴロゴロしてヨォ〜〜っと

 

それじゃ、また次の機会に