読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#437 大学祭の準備

こんばんは

 

昨日の記事の冒頭で「ホ↓ーホ↓ホ↑ッホ↑ホー→」の話をしましたが、今日はそれの楽譜を作ってみました
f:id:Ma316:20170519193945j:image

それが↑こちら。音程は多分あっています。フォルクローレをやっているせいか、ついついファに♯の調音記号を付けてしまいそうになりました。使わないんですけれどもね

で、これを友人に見せてみたのですが

友「八分音符の旗の向きが違う」

僕「あ、そうなんすか…」

強い友人に指摘されました。楽譜をちゃんと見ていないことがバレてしまいましたね

 

そんな、勘を頼りにして乗り切ろうとしていつも失敗するタイプの僕ですが、明日明後日に行われる大学祭の準備のために今日は1日ドッタンバッタンしていました

まず、起きたのは8時過ぎ。この時点で、僕はとんでもないことに気がついてしまいました

僕「部屋掃除していない!!」

そう、今日父親が泊まりに来るというのに部屋の掃除をし忘れていたのです!!僕の父親というのがなかなかに几帳面な人でして、部屋が散らかっている、というんで実家にいた頃はよく叱られていたもんです

というわけで急いで掃除。といっても散らかっているものをある程度まとめて、掃除機をかける、という感じです

僕「よし!!掃除機かけ終わったぞ!!」

そう思って掃除機のヘッドをとったのですが
f:id:Ma316:20170519215953j:image…?

吸い込み口が塞がったままでした。僕は一体何を掃除したんだ…?

改めて掃除機を掛けて

僕「さすがにまだホットカーペットがあるのはなぁ…」

撤去しました

これを終えたのが10時過ぎ、んで大学へと向かいます

友「ついでに自転車で看板も持っていけたりする?」

僕「一旦確認させて」

友「無理しないでね」

で、背中にくくりつけてみたのですが

僕「…これは無理だわ。ごめん」

友「そんな気がしたわ、持ってく」

力になりきれなかったパターンです

 

大学を出て、大学祭をやる方のキャンパスへと移動します。この間自転車で50分ほど、坂がきつい上に暑さでボロボロになり掛けながらも無事に1時前に到着しました

僕「…誰も、いない」

一人でした。電車組よりも早く到着したっぽいです。まあ駅からの徒歩があるからそんなもんかとは思います

1時を過ぎた頃に続々と人が集まってきたので屋台の組み立てを開始しました
f:id:Ma316:20170519220009j:image

シートとテントと屋根の布と壁の布を組み合わせて、溶けそうになりながらも無事に3時過ぎには完成しました
f:id:Ma316:20170519194006j:imageテント

ついでにシミュレーションもすることになりました

友「お前、お客さん役ね」

僕「うっす」

急遽始まりました、模擬店ごっこです

僕「こんちは〜〜」

友2「タコス!!タコスいりませんか!!」

友3「飲み物もあるよ!!飲み物!!買うよね!!」

僕「え、えと…」

友4「ケーナもあるよ!!ケーナ!!買うよね!!」

僕「お、おっす」

がっつきますね〜〜

友3「買うよね?!?!お客さん買うよね?!?!」

友2「サインするよね!!わざわざ来たんだから買ってくよね?!?!」

いいカモにされています

友2「会計は1340円です!!」

僕「はい」

友3「ありがとうございました」

僕「あの…、お釣り…」
友3「あ…、ゴメンなさい」

散々です

4時すぎまでごっこ遊びをして、テントを一旦折りたたみます。6時ぐらいまでだべってから解散しました

 

この後は友人と
f:id:Ma316:20170519195708j:imageラーメン

ラーメンを食べることに。今週の僕、麺を4回食べていてなかなか頻度が高いんですよね〜〜

友「私さ〜〜」

僕「はい」

友「ラーメン食べ過ぎててさ〜〜」

僕「あ、俺もそう」

友「(秘密)日で(秘密)回も食べてるんだよね〜〜」

僕「ハ、ハハ、ハハハ…」

勝てませんでした

 

9時半過ぎに帰宅してゴロゴロしています。が、そろそろ父親が最寄りの駅に来るころなので迎えに行こうかなと思います

明日は大学祭!!楽しむぞ!!

 

それじゃ、また次の機会に