#583 コスキン・エン・ハポン2017 2日目

こんばんは

 

突然ですが、あるあるネタを思い浮かんだので披露させていただきます。

 

<お金あるある>

ない。

 

以上です。

 

そんな常時金欠である僕ですが、昨日に引き続いてコスキンエンハポンのことを書かせていただきますね

ちなみに今日書くのは2日目の出来事、の予定ですが、この2日目は宿泊所に戻ったのが夜2時近くで、さらに風呂に入ったのが3時前くらいだったので眠る時間はそれよりも後になることが確定しておりました

しかし翌日の起床時刻は8時過ぎ、これはどう頑張っても間に合いません

僕「徹夜するのか?!」

大広間で酒宴をしていたのでそこの盛り上がりに参加することにしました

今回はコスキンの係ということでアルコールを1滴も入れずに宴会に参加することにします。未成年時代以来です。

なかなかに盛り上がっていました。特に先輩方がフォルクの踊りをしているかと思ったらディスコを踊っていたり、両手を広げた先輩の後ろから脇の下で支えるようなポーズをしているシーンは非常に盛り上がりました

んで翌朝

僕「8時」

完璧な睡眠不足です、ありがとうございました

9時過ぎに宿舎を出てバスに乗り会場へ。歩いて15分弱の好立地ですね

 

この日は後輩たちの演奏がありました。後輩を2つのグループに分けたのですが両方共です

まずは昼過ぎに片方。こちらはサンポーニャの曲をメインに2曲演奏していました

いや〜〜、あれですね、初々しい。自分も初舞台の時は緊張したなぁ、と

その一方で非常にノリノリで演奏している奴もいて、コイツァスゴイヤ、と思いました

このコンフントを聞き終えて、外へ。今回のコスキンの目的の1つである新しいケーナを買うことに

初日の時点でお店を2店に絞り込んでいたのでそのお店へGO

お店のお兄さんから色々話を伺いました

兄「おにいちゃんまた来たね!!ケーナ買うかい?」

僕「はい、昨日ある程度決まったのでもうちょっと絞ることにしました」

兄「ここのケーナはね、いいケーナだからゆっくり見ていって!!」

このお店のお兄さん、結構ラテンな感じのノリの人でした。

初日の時点ではちょっと意地悪な感じがしたのですが、話を聞いていると結構親身にアドバイスを下さりました

僕「今自分のケーナを持っているんですけれども、ちょっと音が狂っていまして」

兄「あのね、最初からピッチを気にするのはかわいそう」

僕「うっ」

兄「自分でケーナを吹いてみて、その相性で確認するの」

僕「おっ」

兄「んでこいつとは仲良くできそうだなと思ったケーナを自分で育てて、自分の音色を作ってくの」

僕「ほう」

兄「最初っから完成されたやつだとダメ。自分で育てる」

僕「へぇ〜〜」

兄「あとね、指使いはね、こっちの方がいいんすよ」

僕「そうなんですか?!」

兄「これだとね、指の動かすのがそんな早くできない。こっちの方がいいんだ」

僕「へぇ〜〜」

このお兄さん、見かけによらず親切でした。見かけはちびまる子ちゃんのオープニングに出てくるインチキおじさんそのものでした

f:id:Ma316:20171012105516j:imageそして購入

買っちゃいました。お兄さんのアドバイスのもと、一番相性の良さそうなケーナを選びました

僕「ありがとうございます!!」

兄「大事に育てるんだよ!!」

このケーナは男の子だそうです。箱入り息子として育てます

 

3時過ぎくらいに自分のコンフントの出番。曲はCataclismoとEncanto Cambaの2曲。昨日買ったチャレコを着て本番です

f:id:Ma316:20171012105416j:image舞台袖待機班

前者の曲は3拍子の、でもテンポはそんなに速くなくて演奏しやすい曲でした

ただ一部ちょっと難しい箇所もありました。この曲の最後にドシラソファミレドシラソファミと演奏する箇所があるのですが、この楽器との相性が悪い

というのもこの楽器、こんな感じに音が配列されているんです

レ シ ソ  ミ ド ラ ファ レ シ 

 ド ラ ファ レ シ ソ  ミ ド

つまり、上下に交互に吹く。きつい…

それでもなんとか演奏し切りました。よかった…

2曲目、Encanto Camba

こちらは演奏のテンポが速いうえにサンポーニャの移動も難しいものが多く、結構きついものがありました

しかも、サンポーニャを吹いた直後に歌う箇所がありまして。ソロです

なんとか歌詞をとちらずに歌えてよかったです。これだけでもう僕ん中では一安心です

安心したのでお腹が空きました。ので食べ物の紹介です
f:id:Ma316:20171012105354j:imageジャガイモ+鶏肉
f:id:Ma316:20171012105335j:imageタコス

見てるだけでお腹がすいてきましたね

タコスは食べようとしたのですが失敗して中身をこぼしてしまいました。勿体無い…

 

夜10時過ぎ、というプログラムにもかかわらず実際は11時半。後輩のコンフントがありました

こちらはケーナを中心とした曲編成。こちらはどちらかというと緊張している感じはほとんど感じませんでした。感じないだけで緊張していたのかもしれませんね

ちなみに僕は舞台袖で見ていました。マイク設置班だったから仕方がない…

 

最後のコンフントで踊りまくってもいい、と言われたのでAfroSayaというリズムに合わせて体を暴れさせました。これすっごく楽しい。体重が70kgは痩せそうです

んでこの日も最後に花祭りを演奏しておしまい!!フィナーレは2時過ぎ!!眠い!!

この日もバスに乗って宿へ向かったわけです

 

こんな感じでした

明日でコスキン関連の記事は(多分)最終回!!長かったですね〜〜

現時点で累計4000時です。長い

 

それじゃ、また次の機会に